ロミオ

    computer_email_spam

    857: 名無しさん@おーぷん2014/10/03(金)13:01:44 ID:cY2gLvEj9
    私の結婚と同時に、我が身を犠牲にしつつ母をウォーターさせて離婚を決意させた時のことが修羅場。
    すごく長くなった。ごめんなさい。

    父は無駄にプライド高いモラハラ野郎で、俺の金なんだから~とテンプレを言ったり、過呼吸ぽい詐病を使ったり、思った通りにならないと大声を出して物や人にに当たり散らすようなクズ。
    母は母で共依存で、どんなに私や周りが言っても、お母さんも悪いしでもでもだってちゃん。そして20年近くストレス性(原因は父)の病気持ちで、軽度の鬱病。
    そんな両親を見て育ってきたから、私は結婚に夢もする気もなかった。一生両親のかすがいとして生きていくものだと思ってた。
    でも、縁あって父とは正反対の人と結婚することに。
    彼とも相談して、親戚も年寄りが多いから呼びにくいこともあるしと、大々的な結婚披露宴ではなく親兄弟のみ呼んで小さな結婚式のみ執り行いたいと両家に伝えた。
    彼親も面倒事は嫌と言って諸手を挙げて賛成。私の母も同様。父も同意してくれたはずだった。挙式1ヶ月前の夕食までは。

    忘れもしないその日、急に親戚を呼べと言い出した父。後で聞いたことだけど、親戚には後で伝えるから言わないで欲しいと言ってたにも関わらず、田舎の親戚のおっさん(あまり親しくない)に娘が嫁にいくと話したら参列してやってもいいと言われたらしい。
    もう、式場は小さいところでと抑えてるからキャンセル料掛かるし、人数は決定してるから無理だと呆れ半分苦笑いで伝えた。
    そしたら、食卓にあった食事を皿ごと薙ぎ払いやがった。
    思わず呆けて父を見たところからもう記憶は無い。起きたら青あざだらけで病院だった。忙しいはずの彼が居てビックリした。
    後から聞いたら、ご近所さんが、犬の散歩で通りがかった時に家からすごい音と怒声と悲鳴が聞こえたそうで、驚いていたら頭から血を流した母が転がり出てきたらしい。
    母は父に鍋で殴られ、私は引きずり倒されて腹や顔、身体を殴ったり蹴られたらしい。その時のことは覚えてないし、思い出したくも無いけど。
    そのまま警察と救急車呼んでもらって~という流れだったみたい。
    母がその時は被害届を取り下げたというのを後から聞いた。『お父さんを犯罪者にしたら結婚が消えるんじゃないかと怖かった』らしい。けど、でも調書が残った。DVの相談実績にもなった。
    父は解放されたけど、母と私は打撲やパニックなんかがあって退院後は家から逃げた。
    避難させてもらったところが母の姉妹で伯母とその家族と私に半月ギッチリ父の矛盾点を指摘した。言われたこと・酷いと思ったこと・されたことをノートに書いて後で読み返してみろと言った。母の人生は母だけのものだから、自分のしたいように好きにしたらいい、私のことは考える必要はないと言って、私は婚約者のところに行った。
    ノート何冊にもなった物を読み返したら目の前が開けたらしい。それまでも心療内科に掛かって同じことやっていたのにね。
    そのまま親戚に離婚に強い弁護士を紹介してもらって、調停へ。
    調停でも父はいろいろやらかしたらしいけどスレ違だと思うから割愛。
    ただ、調停員から『離婚しないで、何か良い方法を見つけましょうとは私からは言えません』というようなことは言われたようだった。

    結局その後、予定通りに挙式をした。もちろん父は呼ばずバージンロードは1人で歩いた。したかった髪型には引きちぎられたからできなかったけど、メイクさんが外に出るところとか頑張ってくれて見た目には分からなかったから安心した。

    で。仕事中のはずの父から気持ち悪いロミオメールみたいな物が届いたから、胎教に悪いし吐き出しで書き込んでみた。本当に長くなってすみません。
    【モラハラDV父親に挙式前にボコボコにされる→エネme母と共に逃亡!】の続きを読む

    computer_email_spam

    155: 名無しさん@おーぷん2015/10/23(金)14:27:41 ID:w4x
    突然にすみません。

    数年前、激怒しながら爆笑した。それから、涙を流しながらガッツポーズをした。

    大昔、高校を卒業する時、毒父が「働け、女は学問不要」と言って進学が出来なくなりそうになった。
    父に言いなりの母は「ごめんねえ」と言うだけだった。
    その時、母方の祖母が学費を出してくれた。「これで、手に職をつけえ。いつでもどこでも働き口が見つかるようにせえ。
    そうしたら、女でも世の中渡っていける。嫌な男の元で嫌々暮らして我慢して生きていかんでもようなる。」そう言って、
    少ない老後の蓄えから学費を出してくれた。そうして、私は看護師になれた。

    それから数年後、結婚したけれど、エネ夫、極悪ウトメの絶望セット。
    「なんで、こんなのと結婚したのか」、「一瞬でも良く見えたのか」と当時の私を問い詰めたい。
    ウトメは結婚当初から、「お前が看護婦だから結婚させた、それ以外に価値はない」「誰のお蔭で働かせてもらっていると
    思っているかあ」と言いたい放題。ウトメはその根拠は不明だけど、ものすごいプライドの塊だった。私や私両親だけでなく、
    近所の人、あらゆる人達を見下し、悪口ばかり言っていた。
    嫌がらせも今思えば、一つの症例かと思うほどテンプレ通り。私物を捨てる汚す、ジャブのような嫌がらせの言葉。夜勤明けで
    寝ていたら「だらけて怠け者の嫁だ」と窓を開けて近所に聞こえるように大声を出す。お金が溜まるまでということで、子供を
    作らなかったら「石女!」
    初めの頃は夫もまともだったので、ウトメを〆てくれていたが、だんだん面倒になったのか、「お前が気にしなければいいんだ」
    「言うだけ言わせておいて、こっちは聞き流したら良い」と見事にエネ化。そして、お決まりの浮気。
    「おまえが妻としてなってないから息子ちゃんが外に女を作らざるを得なかった。自分の不出来を謝れ!」とトメに怒鳴られ、
    最後には「看護婦の女なんか、世の中掃いて捨てるくらいいる、偉そうにするな」とエネ夫、ウトに言われて、「じゃあ、
    仕方ないね」と言って離婚を言い渡した。
    あっさり判をつくかと思ったら「病院の医者と不倫しているのに違いない」「汚い女」と事実無根の言いがかりをつけてきた。

    「そんな言いがかりをつけるのは私に未練があるからででしょ?」「本当は私を失うのが惜しくなったのでしょ?」と彼らの
    プライドを刺激すると「馬鹿にするな」と発狂して、あっさり判をついた。

    つづきます。
    【エネ夫と離婚し極悪義実家から脱出してから15年...】の続きを読む

    computer_email_spam

    109: 名無しさん@おーぷん 2015/09/12(土)20:02:35 ID:PnX
    先日の大雨で被害に遭った地域の早期復興を、心よりお祈り申し上げます。と同時に災害にかこつけたロミオへの怒りを吐き出し。

    深夜、エリアメールに混じって、数ヶ月前に別れた元夫から安否を問うメールが来た。
    この元夫、極度の構ってちゃんで浮気はするわタヒぬタヒぬ詐欺はするわで大変だった人。苦労して離婚してからはガス抜き用に捨てアドのみ教えていたので、そこにメールが届いた。
    まともで簡潔な文だったので、耳かき一杯分くらいの感心を込めて「大丈夫だからそちらも気を付けて」って簡潔に返して寝た。

    朝起きてスマホを見て戦慄。
    「あなたのことを気にかけた俺が馬鹿だったんですかね?」
    「心配してるのに返信もなしですか」
    「あなたは俺を心配してくれないんですね。当然だと思いますが」
    「結婚していた時からあなたはドライで冷たかったですよね。そのせいで俺達が上手くいかなくなったのに、あなたは変わらないんですね」
    「心配です。愛してます。返信ください」
    「◯◯(元夫の住んでいる市)はもうヤバいです。これが最後の連絡になるかも」
    「なんで俺ばっかりこんな不幸なの ふざけんな」
    等々、芝居がかった恨み言メールがズラリ。

    1つ1つは大したことないけれど、災害にかこつけて付け入ってこようとする神経が本気で分からん。
    というか、どう返せば正解だったのか本気で分からん……
    【災害レベルの大雨に便乗して元夫からのロミオメールが届いた件www】の続きを読む

    このページのトップヘ