ロミオ

    hinketsu

    220: 名無しさん@おーぷん2016/01/23(土)19:08:05 ID:6LB
    旦那と子育ての意見が合わなくて昨年末に離婚した。
    口は出すけど手は出さないの典型で、仕事で疲れてるからと逃げ出す人だった。
    【育児に口は出すけど手は出さない夫→ねるねるねるねが原因でスっと気持ちが冷めた】の続きを読む

    face_angry_woman5

    429: 名無しさん@おーぷん2016/02/04(木)23:46:25 ID:ZMJ
    不倫現場を押さえようと喫茶店に突入して
    まあ普通の会話をした夜、
    まだ旦那が「愛を感じた!」とメールしてきた。
    気持ち悪かった。

    今は、なんか怒り続けてる。
    別居してて良かった。

    【不倫現場を抑えるために喫茶店に凸→その夜に夫から「愛を感じた!」とメールが】の続きを読む

    niyakeru_takuramu_ayashii_man

    836: 名無しさん@おーぷん2015/07/04(土)13:59:50 ID:XLR
    私の務める会社で社内結婚して夫婦円満だったA男とA子が突如離婚した。
    A子は結婚2年目くらいから持病により退職を余儀なくされて、通院しつつも専業を頑張ってた。
    【【ロミオ】専業sageをし離婚されたAが元嫁にロミオるもメールしている相手は実は...】の続きを読む

    question_head_gakuzen_girl

    109: 名無しさん@おーぷん2014/12/27(土)09:58:50 ID:vEV
    もう10年以上前に別れた元彼から粘着され、ロミオメールレター電話を寄こし、面識の無い旦那の悪口をひたすら留守電に時間いっぱい録音された。
    【ロミオが凄い元彼→トメが迎撃した結果】の続きを読む

    tobotobo_aruku

    835: 名無しさん@おーぷん2014/05/05(月)22:39:11 ID:upOB72eSw
    同じような体験をした人がいないか調べてたらまとめに辿り着いたのでここで吐き出させてもらう
    メンヘラ特有の自分語りというものだと思うから、嫌な人はスルーしてくれると助かる

    先に言っておくが、まとめの記事のようにスカッとしたとかそういうのもない



    私の家族は子供の頃から近所の幼馴染一家と家族ぐるみの付き合いがあり、さながら一つの家族のようで
    その中でも一つ年上の幼馴染とは私が生まれた時からずっと一緒で、兄弟のように育った
    幼馴染はとても優秀で、イケメンではなかったがそれ以外は絵に描いたような完璧な人間だった

    その幼馴染とずっと比較さながら育った私は、褒められるということとはまるで無縁で
    気付けば自分に自信を全く持てない、恐ろしく卑屈な劣等感の塊のような人間に育っていた


    中学で幼馴染に同じ部活にはいらないかと誘われ入部したものの
    顧問が今なら即クビになるような昔ながらの鬼教師で、殴る怒鳴るは当たり前、しかも無責任という人間
    先輩たちも幼馴染以外は今で言うDQNのようなタイプで、万引きを強要されたのを断って以降虐められるようになった

    結局は練習中に倒れ、自律神経失調症を発症し不登校になり、中学は1年ちょっとしか通うことがなかった
    顧問は私が苦しんでいる間、不倫相手を妊娠させたのが発覚し火消しに必死だったようで、その後顔を見ることも無く左遷された


    中学を卒業した私は普通高校に通うだけの学力がなかったため夜間学校に入学
    学校へ行くとき以外は部屋にこもるだけの引きこもり生活を送っていた

    幼馴染は自分が部活に誘ったから私が不登校になってしまったと負い目を感じていたらしく
    私に社会にでる準備をしてほしいと一緒にアルバイトを始めようと誘ってくれた

    夜間学校に通っていた私の同僚はパートのおばさんがほとんどで、中には息子のようにかわいがってくれた人もいたが
    モンスタークレーマーの対応をきっかけに店長が私を逆恨みし、
    店長のとその不倫相手のパートのおばさんが私を辞めさせようと画策し虐められてしまった

    結局、もともとメンヘラ気味だった私は人間不信、特に女性恐怖症になりアルバイトを辞め
    その後しばらくして店長と不倫相手は関係がバレてクビになったそうだ
    私はその頃から、不倫というものを嫌悪するようになっていた

    長いがここまでが前置きになる
    【いじめに遭い劣等感の塊だったが、やっと結婚できたと思ったら今度は嫁が浮気...】の続きを読む

    このページのトップヘ